ソーシャルレンディングランキングTOP5

第1位 みんなのクレジット

  • 中小企業を支援して投資を行うことができます

  • 期間限定のボーナスやキャンペーンなどをたくさん行っています

  • 選んで納得の、高利回りを期待することができます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

みんなのクレジットに対するみんなの口コミ

お得なキャッシュバックのキャンペーンをきっかけに、こちらで投資を始めてみました。本当にキャッシュバックされていたときは嬉...
みんなのクレジットさんでソーシャルレンディングを最近始めました。他社のサービスと分散して投資をしようと思い、こちらでも投...
半信半疑でしたが高利回りに惹かれ、こちらで投資をはじめました。短期間、小額なので、もしも失敗してもリスクが少なそうですね...

小額・短期で分散して投資ができます

みんなのクレジットでは、少しでもリスクを軽減させることができる投資を目指し、小額・短期での投資が可能、また分散投資にも適したサービスを実現しています。

第2位 AQUSH

  • 専門知識を活かして提供しているサービスです

  • 質の高いリスクを分散できるシステムがあります

  • 利回りの受け取り方法を選択することができます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

AQUSHに対するみんなの口コミ

安全性を考えるならこちらを選ぶべきだと思います。仕組みが安定しているからです。高くはないですが、確実な金利が振り込まれて...
こちらのポートフォリオがとても便利で使いやすいです。個人で投資家をしている方なら誰でも感じることではないでしょうか。ソー...
AQUSHで投資をしました。はじめて知ったのは日経新聞でした。興味があったので、小額ですが試してみると、リターンを得るこ...

ネットでお金が流れるしくみづくりを

AQUSHを運営している株式会社エクスチェンジコーポレーションは、金融の新しい形を実現してきました。ソーシャルレンディングの老舗の会社です。また、支払いサービスや決済サービスも行っています。

第3位 LC LENDING

  • こちらでは優良な投資案件を取り扱っています

  • 業界での大手サービスと業務を提携しています

  • 初心者向きや、不動産担保つきの商品があります

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

LC LENDINGに対するみんなの口コミ

実際にこちらで投資をしてきて、高い収益性を感じています。ソーシャルレンディングは初めてではなく、現在もこちら以外に利用し...
こちらではじめて投資をしました。不動産担保付きの商品を選んで投資しましたが、配当を頂きました。利回りの数字だけを見ている...
LC LENDINGさんはサービスが総合的にいいなと思い使い始めました。安心があり、利回りも悪くありません。今のところ利...

新しいタイプの投資を多くの方に

LC LENDINGでは、不動産関連会社の子会社のソーシャルレンディング・サービスです。不動産に関するプロの案件に小額から投資をすることができます。

第4位 さくらソーシャルレンディング

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

地方の企業を支援したいならこちらです

さくらソーシャルレンディングは、地方の企業に特化したソーシャルレンディングのサービスです。ふるさと納税のような、循環のいいサービスを目指しています。

第5位 クラウドクレジット

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

社員のことがよく知れる投資のサービス

クラウドクレジットは、セミナーだけではなく、社員のブログやコラムで情報を発信しています。会社や人を知る機会が多いので、信頼できるか、自分に合ったサービスかなどを確かめることができます。

ソーシャルレンディングの概念

ネクタイ「今、お金が必要だ」という状況に立たされたとき、あなたはどのように対応するでしょうか?また、資産運用や投資を行いたい場合、どのような方法が思いつくでしょうか。今、お金を借りたい人にとっても、また投資したい人にとっても効率的な、新たなシステム「ソーシャルレンディング」が注目されています。
ソーシャルレンディングとは、お金が必要な人と投資したい人をインターネット上で結びつけるシステムのこと。「投資型クラウドファンディング」とも呼ばれています。システム上には、さまざまな投資家が登録し、それぞれに資金を投資します。借り手は、システムを通じてそれらの資金を借りた後、金銭消費貸借契約にしたがって返済していきます。返済されたお金は、システムを通じて投資家のもとへ戻っていきます。
システムを運営している会社によって、「マーケット型」「オークション型」「貸付型・ファンド型」など、詳細なタイプは異なります。しかし、「インターネット上で借り手と投資家をつなぐ」という基本的なシステムは同じです。インターネット上で手続きをするだけの、簡単な資産運用の方法として、海外では広く活用されています。日本でも、今後ますます注目が集まっていくでしょう。

口座開設をしよう

笑顔の女性資金のやりとりが目的のソーシャルレンディングを利用するために、まず外せないのが「口座開設」というステップです。「ちょっと気になる」「どんなものか知りたい」など、利用を検討している場合はまず、ソーシャルレンディング専用口座を開設するところからはじめましょう。具体的なステップは、次のようになります。
ソーシャルレンディングサービスに登録するときは、まず規約書に目を通し、内容をしっかり読んだ上で同意します。内容の確認を怠ると、のちのち利用し始めてから「思っていたものと違う!」というトラブルになりかねません。金銭トラブルは大きな問題に発展しかねませんので、きちんと内容を確認しておきましょう。
規約書に同意したあとは、個人情報を入力していきます。氏名や住所などの基本的な情報はもちろんのこと「これまでの投資経験」なども聞かれるのが、ソーシャルレンディングならではのステップです。
その後、必要書類の送付などを通じて、本人確認の手続きを行います。運転免許証や住民票などのコピーを郵送しましょう。FAXでの受付に対応している場合や、スキャンした書類データをメールに添付して送信すればいい場合もありますので、確認した上で利用しやすいパターンを活用しましょう。また、運営会社によってはマイナンバーの提出を求められる場合もあります。
こうした口座の開設費用、諸手続き費用は、無料の場合が一般的です。利用すべきか悩んでいる人も、まずは口座開設から着手してみてはいかがでしょうか。

税金はどうなるのか

クールな男性ソーシャルレンディングを上手に活用することで、資金運用をしたり、給与とは別の副収入を得たりすることができるようになります。ところで、気になってしまうのが「ソーシャルレンディングによって得た収入に関する、税金はどうなるのか?」ということではないでしょうか。税金は、事業を通じて発生する「事業所得」や、株式や投資信託の配分によって生じる「配当所得」など、所得の分類に応じて決まります。
ソーシャルレンディングで得た所得は、そうした所得の分類には当てはまらず「雑所得」となります。課税については、その他もろもろの所得を合計した上で所得税が決まる「総合課税」が適応されます。例えばサラリーマンの人でも、給与所得は会社でのみ受け取っていて、それ以外の収入(ソーシャルレンディングで得た収入など)が年間20万円未満、また年収が2,000万円未満であれば、確定申告を行う必要はありません。
ただし、所得税率が20%未満であれば、確定申告をしたほうがお得になります。もちろん、20%を超えている場合は源泉徴収との差額分を納税しなければいけませんので、どちらにしても「確定申告をしたほうがいい」と考えておくと良いでしょう。また、雑所得を申告をするときには、必要経費を申告することができます。ソーシャルレンディングを勉強するために購入した本の代金や、セミナーに参加したときの交通費などは、所得から控除できます。レシートや領収書は保存しておきましょう。

安全性について

新聞インターネット上でお金をやりとりするという行為について、まだまだ「安全性に問題はないの?」と不安に思ってしまう人も多いのではないでしょうか。さらに、ソーシャルレンディングの場合は投資が目的であるということからも、安全性を懸念する人が少なくありません。
「ソーシャルレンディングとは、安全なシステムである」もしくは「危険である」と、一言で言うのはとても難しいものです。と言うのは、日本の法律にのっとり借り手を明確にしないまま投資するソーシャルレンディングでは、安全性は運営会社によって大きく左右されるからです。これからの発展が期待されるソーシャルレンディングの運営会社は、少しずつ増え続けています。ソーシャルレンディングを利用する際には、運営会社やサービス体制を比較しながら、特に信頼できそうな会社を選ぶようにしましょう。
企業名で検索すると、会社がいつ設立したのか、親会社は何か、どんなグループの会社かなどの情報を知ることができます。また、その会社のシステムを利用した経験のある人のクチコミや、ブログをチェックすることもおすすめです。
さらに、会社にどのような特徴があるかは、案件を見ることでも分かります。例えば不動産など特定の案件に特化しているのか、さまざまな案件を扱っているのかなど、内容をチェックすることで企業の色が見えてきます。実績と合わせて、さまざまな角度から企業の特色を理解した上で、信頼できそうか見極めましょう。

▲ ページトップへ