フリージョブでの採用支援について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紙媒体による求人広告を用いた採用もありますが、広告掲載費などの費用が掛かります。そのうえ、応募者がいない状態が続いたり採用まで至らない期間が続くと、企業側は費用を払い続けなくてはなりません。
フリージョブを使った採用支援を行うことにより、2つの観点からサポートを得ることに繋げられます。1つ目は人材育成ですが、企業が求める人材をフリージョブ側が見つけてくれます。応募者の能力を見極めたうえで、スキルアップが得られるようにサポートをしてもらえます。
企業側にとっても、フリージョブを使った採用ではメリットがあります。求人情報をただ掲載するだけでなく、求める人材を、職種に合わせて効果的な方法で採用支援に繋がるようなサポートを受けられます。
応募者と企業の双方がwinwinの効果が得られることで、採用までの期間が短くなるうえ、費用を抑えることができます。

応募者側も企業を選ぶ権利があります

応募者もフリージョブを使って企業への求職活動をしていますが、魅力が無い所へは応募をしないでしょう。たとえ採用面接まで行くことができても、そこで断られるケースもあります。
フリージョブでは企業側にとって表面だけでなく、コンサルティングにより深い部分の魅力を引き出すこともしてくれます。実績やサービスを客観的に分析を行い、問題点の改善を図りつつ理想的な人材採用ができることで、優秀な人材が集まりやすくなります。
ただし、少なからず変化をするには相応に時間を要します。気になることが出た場合に、フリージョブの会社へ電話やメールで随時相談できるシステムが整っていると、的確なサポートを受けやすくなります。

企業が活性化することで発展も図れます

フリージョブを使って求人募集を行っている企業は、近年増えています。一方、職種によっては応募者の年齢や性別が偏ってしまうことも少なくありません。
誰もが働き甲斐がある企業とわかるように、広範囲向けの情報も提供してくれると応募者も増えるでしょう。専門職の場合は、広範囲向けの求人だけでなく特定の資格取得者をターゲットにした募集をすることで、相応に知識と経験がある方が集まりやすくなります。
企業にとり、応募者が先入観により選んでもらえないことで、活性化や発展の効果は大きくなりません。上手なフリージョブの活用やサポートを得ることで、人材不足解消の効果も得られます。そのうえで、大手求人サイトの掲載やSNSとの連動に対応していると、更に企業とマッチした応募者が増える可能性が高まります。

契約期間は12ヶ月(自動更新)となります。 SNSアカウント作成、採用窓口代行をいたします。 手間のかかるサイト構築は不要です!お客様に最適な採用ページをAIが自動作成します! 各種求人メディアに自動掲載できます。 候補者の情報管理や面接日の調整、サイトごとに面倒な求人票の作成など煩雑な採用業務をする必要はありません。 フリージョブなら簡単に求人広告が無料で掲載作れちゃう!

ピックアップ記事

大手求人サイトに掲載可能なフリージョブ

近年ではスマホが普及していて、求職活動も通信環境があればできるようになっています。フリージョブを利用して求人を行う場合、スマホやタブレット、パソコンなどに対応した求人を掲載することができます。大手求人...

フリージョブのコスパを高めるためには

求人広告の掲載をホームページでしたり、フリージョブによる採用サポートをすることで企業にとって、費用の観点ではコスト削減を図れます。しかし、新卒採用や業界の未経験者を雇う場合は、戦力になるには相応の期間...

採用窓口も頼めるフリージョブのメリット

求人広告の掲載だけでなく、フリージョブは採用窓口の代行をしてもらえるサービスがあります。各企業で人事担当者はいても、専任で雇う際は相応な会社規模が必要です。そのうえフルタイムで人事担当者を雇えば、給与...

フリージョブで求人掲載をする際のポイント

求人募集をする際に、公共職業安定所やフリージョブによるインターネットなどバリエーションは複数あります。募集する人材が若干名ではなく、複数以上であったり高度な専門資格を持つ方を希望する場合は、ただ情報掲...