元本保証
2017.06.27

会議キャッシング関係の業界など、金融にまつわるさまざまな業界では、もしうまく返済ができなかった場合にも、リスクを抑えるため保証を行っています。しかし一般的に、ソーシャルレンディングは元本保証がありません。投資する側にとってはネックに感じられてしまいますが、だからこそ「元本保証付き」という強みを持った案件が公表されると、多くの投資家が殺到し、注目を集めます。他の案件と差別化される元本保証付き案件の特徴をチェックしていきましょう。
元本保証付きの案件では、仮に貸し倒れが発生してしまった場合にも、ソーシャルレンディングの運営会社が元本や利息を負担してくれます。これにより、もし貸し倒れなどが起きてしまった場合にも、投資家が大きな損をすることがなくなります。貸金業法にのっとって借り手が見えず、どんな相手かも分からないことが一般的な日本のソーシャルレンディングにおいて、損失を少なく抑えることができるという信頼性は、非常に魅力的です。
さらに、「不動産担保付き」という案件もあります。これは、借り手側が保有している土地やマンションなどの不動産を担保とする案件のことです。万が一、貸し倒れが発生してしまった場合には、不動産を売却してさまざまな投資家や融資機関に返済することができるため、本来ならば回収し切れない資金も、手元に戻ってくることが期待できます。
一方で、不動産の価値は経済状況や市場のニーズに大きく左右されます。担保となっている不動産が、売却時に必ず相応の価値で買い手がつくとは限りません。場合によっては、予想していた額よりもかなり少ない額で売却され、その金額をさまざまな融資元や投資家のあいだで配分しなければいけなくなります。自分の手元に入ったのはごくわずか、ということも十分にあり得るのです。不動産を担保としていることには違いありませんが「だから、大きな損失はないだろう!」と考えてしまうのは危険です。
リスクを最小限に抑えたいのであれば、元本保証がある場合にもない場合にも、きちんと分散投資することが外せません。分散投資とは、ひとつの案件に大きく投資するのではなく、いくつかの案件に小額ずつ投資することです。もし仮に貸し倒れが発生してしまった場合にも、大きすぎる損失にはつながりにくくなります。その分、戻ってくる金額も大口の資金を投資した場合より限られますが、高金利が魅力のソーシャルレンディングだからこそ、リスクを少なく抑えながら、コツコツと投資することをおすすめします。

▲ ページトップへ