貸し倒れ
2017.06.27

ポニーテールの女性高金利など、さまざまな魅力があるソーシャルレンディング。同時に、いくつかの特徴が、デメリットとして作用する場合もあります。例えば、資金の運用方法について、投資側から口を出すことはできません。また、多くの案件で途中解約ができないことも、ソーシャルレンディングの特徴です。これらの要素から、投資に当たって不安を感じる人もいるでしょう。より安全に、効率的に活用するためには、事前に起こりうるリスクについてよく知っておく必要があります。
ソーシャルレンディングは、原則、元本保証がありません。資金がスムーズに回収できなければ、投資するだけでリターンのない「貸し倒れ」になる可能性もあり得るのです。日本におけるソーシャルレンディングの事例では、貸し倒れがまったくないとは言えません。これには、過去に大手ソーシャルレンディング運営会社が、個人の借り手が利用できる環境を構築していたことも、大きく関係しています。借り手が企業の場合と個人の場合では、信頼性という面でどうしてもに開きがありました。個人の借り手の場合、インターネット上で簡潔する便利な要素が悪い方向に作用し、結果的に貸し倒れを招いてしまう傾向が強かったのでしょう。
今、ソーシャルレンディングは投資家と個人でなく、投資家と企業などを結び、事業の発展に投資するような案件が多くなっています。運営会社も、ユーザーにとって大きな壁になりがちな「信頼性」「安全性」を高めるため、さまざまな対策を行っています。投資にあたって、個人がそれぞれにリスクヘッジをしながら対応すれば、うまく活用することも十分可能です。もちろん、貸し倒れをはじめとした損失をゼロに抑えることは非常に難しいものですが、情報交換をしたり、ノウハウを身につけたりしながら、上手に活用して収入につなげましょう。
リスクヘッジの方法のひとつに、分散投資があります。ひとつの案件に対してあまりに大きな金額を投資するのではなく、いくつかの案件に分散しながら投資することにより、損失を最小限に抑えることができます。仮に貸し倒れがあった場合にも、高金利が魅力のソーシャルレンディングでは、結果的に回収額のほうが上回る場合も少なくありません。
また、ひとつのサービスに集中するのではなく、いくつかのソーシャルレンディング運営会社に登録しておくこともおすすめです。会社によって、得意な案件や特化した案件が違ったり、サービス体制が違ったりします。分散投資をしながら、より利用しやすい運営会社を見つけてみましょう。

▲ ページトップへ