採用窓口も頼めるフリージョブのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

求人広告の掲載だけでなく、フリージョブは採用窓口の代行をしてもらえるサービスがあります。各企業で人事担当者はいても、専任で雇う際は相応な会社規模が必要です。そのうえフルタイムで人事担当者を雇えば、給与だけでなく保険などの手当てが掛かります。採用が流動的であれば、コスパが下がることになりかねません。
企業の代わりに、フリージョブが採用窓口の役割を果たせば、人件費の削減にも繋がります。たとえすぐに応募者が来なくても、安定した人材募集ができることで、コスパを高められます。更に応募者向けに専用の連絡先を設けていると、応募するにあたっての相談やアドバイスを得られる環境が整います。

企業にとって優秀な人材を集めてもらえるか

採用窓口の代行をフリージョブが行う場合、企業にとって優秀な人材であると良い効果をもたらします。
過去の実績やシステムを、フリージョブのホームページなどで可能な範囲情報収集をすると良いでしょう。応募者に関する情報も迅速に提供してくれると、選考までの時間短縮を図ることができます。
フリージョブのスタッフにも、採用をするにあたり相談をする機会がありますから応対の仕方が良い所だと安心して依頼をしやすくなります。情報掲載をする前に、フリージョブの会社にシステムの確認をすると良いでしょう。たとえコストを削減がセールスポイントであっても、質の良いサービスを得られる所に依頼したいところです。

フリージョブは良いことばかりなのか

企業に人事担当スタッフがいなくても、フリージョブが採用窓口の代行をすることで管理面のコスト削減を図れます。継続的な募集をしたり長年採用担当の専任スタッフがいるとそのノウハウが蓄積されます。一方で専任スタッフを置きにくい場合では、手探り的なことになりかねません。
フリージョブでは、コストを抑えて採用担当の窓口をする役割を行ってくれます。相応の経験とノウハウがあれば、企業にとり優秀な人材が集まる可能性が高まります。上手に利用する手段の一つで、中途採用の募集により、若い社員の教育をはじめ会社をまとめてもらえる人材の採用へと繋げる場合もあります。
ただしフリージョブ側が応募者のサポートをしてもらえても、実際に企業で働いてみなければわからないこともあります。企業側は一定期間、本採用まで時間を設けることも一つの方法です。期間が限られている仕事の場合は、フリージョブとは別に派遣会社を利用する手段もあります。

ピックアップ記事

大手求人サイトに掲載可能なフリージョブ

近年ではスマホが普及していて、求職活動も通信環境があればできるようになっています。フリージョブを利用して求人を行う場合、スマホやタブレット、パソコンなどに対応した求人を掲載することができます。大手求人...

フリージョブのコスパを高めるためには

求人広告の掲載をホームページでしたり、フリージョブによる採用サポートをすることで企業にとって、費用の観点ではコスト削減を図れます。しかし、新卒採用や業界の未経験者を雇う場合は、戦力になるには相応の期間...

採用窓口も頼めるフリージョブのメリット

求人広告の掲載だけでなく、フリージョブは採用窓口の代行をしてもらえるサービスがあります。各企業で人事担当者はいても、専任で雇う際は相応な会社規模が必要です。そのうえフルタイムで人事担当者を雇えば、給与...

フリージョブで求人掲載をする際のポイント

求人募集をする際に、公共職業安定所やフリージョブによるインターネットなどバリエーションは複数あります。募集する人材が若干名ではなく、複数以上であったり高度な専門資格を持つ方を希望する場合は、ただ情報掲...