大手求人サイトに掲載可能なフリージョブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年ではスマホが普及していて、求職活動も通信環境があればできるようになっています。フリージョブを利用して求人を行う場合、スマホやタブレット、パソコンなどに対応した求人を掲載することができます。
大手求人サイトのシステムも、各社で充実しています。応募前に企業と求職者のマッチングができるなど各社充実したサービスが揃っています。特に登録と利用が無料でできると、求職者への費用負担は抑えられますし、にとっても心強いです。職種に合ったサイトもあれば、自分の働きたい企業を見つけやすくなります。
企業側は採用するターゲットを明確化すると、より理想とする人材を集めやすくなります。スキルや年齢、性別などの人材像を整理をしたうえで、フリージョブを使った大手求人サイトの掲載をすると良いでしょう。

可能な範囲具体的な求人掲載情報の作成へ

フリージョブは、求人のノウハウをもっています。そのため、求人動向の分析結果などをもとに企業の採用情報を大手求人サイトに掲載してもらうことができます。求職者にとって魅力が高いサイトに掲載してもらえるように、働きかけてくれていますし研究も行っています。
フリージョブが応募者に魅力が伝わる情報を大手求人サイトに掲載して人材募集をかけると、多くの応募者数を見込むことができます。しかし、残業なしや高収入を前面に押しているだけでは、優秀な人材は集まりにくくなります。そうすると採用に繋がらず、無駄なお金や労力を費やすだけになってしまいます。
パソコンスキルが必要など、企業が求めている技術や人物像が分かる補足情報を入れることで、求める人材が集まりやすくなります。雇用形態も正社員だけでなく、短時間労働を希望する応募者もいます。それらの点も整理したうえで、より効率的な求人掲載へと繋げると良いでしょう。

大手求人掲載サイトは業界特化型もあります

大手求人サイトなどWEB媒体で応募者を募集するにあたり、各媒体で得意分野があります。近年では福祉やエンジニアなど、業界特化型の求人媒体も多数あります。
フリージョブでもその点は研究をしていますが、より的確かつ効率を高める求人を行う場合はニーズに見合った媒体を利用すると良いでしょう。各媒体では、職種ごとにコラム形式で求職者に注目されるように、特集企画のコンテンツを掲載している場合があります。その掲載日を狙って求人掲載をすると、応募者が増える可能性が高まります。このように、フリージョブに全て任せるだけでなく、可能な範囲自分でも研究することが必要となります。

ピックアップ記事

大手求人サイトに掲載可能なフリージョブ

近年ではスマホが普及していて、求職活動も通信環境があればできるようになっています。フリージョブを利用して求人を行う場合、スマホやタブレット、パソコンなどに対応した求人を掲載することができます。大手求人...

フリージョブのコスパを高めるためには

求人広告の掲載をホームページでしたり、フリージョブによる採用サポートをすることで企業にとって、費用の観点ではコスト削減を図れます。しかし、新卒採用や業界の未経験者を雇う場合は、戦力になるには相応の期間...

採用窓口も頼めるフリージョブのメリット

求人広告の掲載だけでなく、フリージョブは採用窓口の代行をしてもらえるサービスがあります。各企業で人事担当者はいても、専任で雇う際は相応な会社規模が必要です。そのうえフルタイムで人事担当者を雇えば、給与...

フリージョブで求人掲載をする際のポイント

求人募集をする際に、公共職業安定所やフリージョブによるインターネットなどバリエーションは複数あります。募集する人材が若干名ではなく、複数以上であったり高度な専門資格を持つ方を希望する場合は、ただ情報掲...