フリージョブのコスパを高めるためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

求人広告の掲載をホームページでしたり、フリージョブによる採用サポートをすることで企業にとって、費用の観点ではコスト削減を図れます。しかし、新卒採用や業界の未経験者を雇う場合は、戦力になるには相応の期間が必要になります。そのうえ応募者を雇用をしても短期間で退職をしたり、ノウハウの蓄積が小さいと企業にとってはメリットは少なくなります。
企業にとっては可能な範囲、長期間で働いてもらえて優秀な人材だと、業績アップに繋がります。応募者が雇用後に頼もしい仕事ぶりをしてくれると、会社全体のレベルアップも見込めます。フリージョブで依頼する場合でも、各種提案や要望を伝えたうえで依頼をすると良いでしょう。ただし、優秀な人材に来てもらうには相応の給与と魅力が無ければ難しいです。

フリージョブとの連携は必要不可欠です

企業の人事担当者が応募者の採用選考をする場合は、直接面接をしたりなどで見極めを行い、会社に合った人材を見つけていきます。たとえミスマッチをしても、企業側の責任です。
フリージョブに選考を依頼する場合は、人事の仕事を代行してもらう形になります。優秀な人材が来てくれるには、フリージョブスタッフも一人の社員として働いてもらいたいところです。業界の市場調査もしているうえ、ノウハウもありますから、積極的なコミュニケーションをとりながら情報交換することが必要です。仕事をするにあたっての賃金の相場や必要な資格などを確認しつつ、情報掲載する資料を仕上げることで求める応募者が集まりやすくなります。採用になれば終わりではなく、その後のサポート体制もあれば、応募者も中長期的に安心して働きやすい環境となるでしょう。

フリージョブを使って未経験者を募集する場合

フリージョブを用いて採用に繋がった場合でも、ミスマッチなどで早期に退職されては企業にとっても困ります。雇用に関する情報掲載はもちろん、可能な範囲企業の魅力を引き出せれられると優秀な人材を集めやすくなります。
未経験者採用の場合は、年齢だけでなく新たな業種に挑戦する意欲とこれまでの人生経験が、選考における大きな基準となります。応募者が増えると、企業に合った人材をフリージョブで見つけてもらいやすくなります。ただしミスマッチを防ぐために、企業とフリージョブとの間で求める人材について可能な範囲厳密に確認することが必要となります。入社後のケアや教育方針についても、きっちりとしている企業ということをアピールすれば、応募者に働きやすい環境思ってもらうことができます。

ピックアップ記事

大手求人サイトに掲載可能なフリージョブ

近年ではスマホが普及していて、求職活動も通信環境があればできるようになっています。フリージョブを利用して求人を行う場合、スマホやタブレット、パソコンなどに対応した求人を掲載することができます。大手求人...

フリージョブのコスパを高めるためには

求人広告の掲載をホームページでしたり、フリージョブによる採用サポートをすることで企業にとって、費用の観点ではコスト削減を図れます。しかし、新卒採用や業界の未経験者を雇う場合は、戦力になるには相応の期間...

採用窓口も頼めるフリージョブのメリット

求人広告の掲載だけでなく、フリージョブは採用窓口の代行をしてもらえるサービスがあります。各企業で人事担当者はいても、専任で雇う際は相応な会社規模が必要です。そのうえフルタイムで人事担当者を雇えば、給与...

フリージョブで求人掲載をする際のポイント

求人募集をする際に、公共職業安定所やフリージョブによるインターネットなどバリエーションは複数あります。募集する人材が若干名ではなく、複数以上であったり高度な専門資格を持つ方を希望する場合は、ただ情報掲...