フリージョブで求人掲載をする際のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

求人募集をする際に、公共職業安定所やフリージョブによるインターネットなどバリエーションは複数あります。募集する人材が若干名ではなく、複数以上であったり高度な専門資格を持つ方を希望する場合は、ただ情報掲載するだけでは集まりにくいです。
競合他社であったり、職種に合わせた募集する人材の傾向を確認する必要があります。そのうえで、応募者も生活をしなければいけませんから、相応の給与支払いや手当も必要です。各種研究をしたうえで、企業の運転資金や利益に応じた情報をフリージョブに掲載する必要があります。応募者と企業のミスマッチを防ぐことになります。

社員選考をする場合のポイント

専門職や幹部などの役職を持つクラスの募集をする際、フリージョブで求人募集をしても企業の求めるレベルの人材だけが来るとは限りません。
応募者の選考をする際、筆記試験や面接試験で見極める必要があります。筆記試験を行う際には、求めるレベルに応じた問題を作ることが必要です。
面接時には、受け答えだけでなく待合室での態度や身だしなみなど、細かな所にも注目することで理想とする人材を集めやすくなります。特に中途採用者の場合は、面接や筆記試験以外におけるこれまでの社会人経験を図る際の一つの資料になるでしょう。
採用試験の際に水準に至らない点があっても、入社後の教育を行うことで優秀な社員に成長する場合もありますので、さまざまなポイントをチェックして選考を行いましょう。

求人掲載のデザイン次第で魅力を高めます

フリージョブを利用すると、求人サイトに自社の情報を掲載することができるだけでなく、求人掲載に関するアドバイスを受けることができます。
そのうえで、自分たちでも応募者を増やす工夫をすれば、さらに優秀な人材と出会う機会が得られます。
簡単に実行できるのは求人掲載の際にデザインを工夫することです。見栄えが良いと応募者に良い印象を与えることができます。求人用の写真素材を豊富に用意すると、デザイン作成における幅が広がります。近年では、AIにより簡単に求人掲載できるシステムもあります。これを利用すれば手軽に企業のイメージや社風に合っていて、なおかつ、デザイン性に優れた求人広告を作成できます。
パソコンだけでなく、スマホでも手軽に求人に応募できる環境を整えておくといいでしょう。フリージョブの会社でも、サンプルや導入事例を掲載していますから確認すると良いでしょう。

ピックアップ記事

大手求人サイトに掲載可能なフリージョブ

近年ではスマホが普及していて、求職活動も通信環境があればできるようになっています。フリージョブを利用して求人を行う場合、スマホやタブレット、パソコンなどに対応した求人を掲載することができます。大手求人...

フリージョブのコスパを高めるためには

求人広告の掲載をホームページでしたり、フリージョブによる採用サポートをすることで企業にとって、費用の観点ではコスト削減を図れます。しかし、新卒採用や業界の未経験者を雇う場合は、戦力になるには相応の期間...

採用窓口も頼めるフリージョブのメリット

求人広告の掲載だけでなく、フリージョブは採用窓口の代行をしてもらえるサービスがあります。各企業で人事担当者はいても、専任で雇う際は相応な会社規模が必要です。そのうえフルタイムで人事担当者を雇えば、給与...

フリージョブで求人掲載をする際のポイント

求人募集をする際に、公共職業安定所やフリージョブによるインターネットなどバリエーションは複数あります。募集する人材が若干名ではなく、複数以上であったり高度な専門資格を持つ方を希望する場合は、ただ情報掲...